医学部見学・体験実習

医学部見学・体験実習

中学・高校の感受性の強い時期に、医療従事者に求められる倫理観や使命感を育成するため、近畿大学医学部ならびに附属病院との連携により、見学・体験実習を行っています。

医薬コース2年生

  • 医学部長講話
  • 医療を支える人々(事務部長)
  • 人体の正常な構造・機能について(解剖学)
  • 栄養について・検食(栄養課)
  • シミュレーションラボ

人体の正常な構造・機能について

  • 大学生が実際に学ぶ演習室を利用して人体の構造について学習します。理科の授業で学習する内容からさらに踏み込んだ学習で、人の体が複雑な臓器と多くの骨からできていることをあらためて知るとともに、生命の不思議とその尊さを実感します。

シミュレーションラボ

  • さまざまな臨床場面を想定したシミュレータがそろっている実習室に、生徒たちは目を輝かせます。実際に心音が聞こえる人体模型など、充実した設備を通して将来の自分の姿を思い浮かべる生徒もいます。

検食

入院されている患者さんと同じ昼食をいただきます。管理栄養士の先生から、患者さんにとって食事がいかに大切なものか、そして食事を通して心のケアに取り組む実践についても学びます。

近畿大学医学部とは

  • 近畿大学医学部は、昭和49年に誕生以来、教育研究施設や附属施設の充実に努めながら、高度な医学知識と医療技術を備えた医師・医学者を数多く輩出してきました。奉仕の精神や豊かな人間性を重んじ、患者さまから慕われ、信頼される医師の育成に力を注いでいます。