Progress英数コース プログレス

大学受験にとらわれない
真の大学附属教育をめざす

英数コース プログレス

一人ひとりの習熟度に応じた教科別の補習や再テストを実施し、基礎学力の定着をはかります。
また、近畿大学の研究施設を利用した体験実習やグループ学習・レポート作成などにより、大学進学後に幅広く求められる総合的な力を身につけるとともにキャリアデザインへの関心を持たせることを目標とします。

  • 前期

    1〜2年基本的な学習習慣を確立し自分自身の可能性を探求する

    学習習慣と基本的生活習慣を確立し、基礎学力を定着させます。近畿大学の充実した研究機関での体験実習などを通して、学びの楽しさを伝えるとともに、将来の目標を見つける手助けをします。

  • 中期

    3〜4年大学附属校として受験指導にとらわれない学びを展開

    基礎学力の定着を進めることはもとより、グループ学習やレポート作成など、受験指導にとらわれることのない学習プログラムも導入。近畿大学の建学の精神である、「実学教育」へ繋がる知的好奇心やコミュニケーション能力の育成を実践します。

  • 後期

    5〜6年真の大学附属校としての高大連携による学びのプログラム

    近畿大学へは、特別推薦制度を利用しての進学が可能です。学部決定後は、近畿大学が実施するプレエントランスガイダンスやe-ラーニングなどにより、論理的思考力のトレーニングを実施するとともに、キャリアデザインへの関心を高めるプログラムを導入し、大学での学びをサポートします。

カリキュラム一覧(平成29年度 実施状況)

教科 前期 中期 後期
1年 2年 3年 4年 5年・文 5年・理 6年・文 6年・理
国語66568482
社会45447262
数学66674838
理科44562927
保健体育33344433
音楽1.511     
美術1.511   22
技術家庭221   22
英語44579888
情報   2    
総合22211111
探求  1     
道徳111     
特別活動(LHR)11111111
合計3636363836373636

大学進学状況

近畿大学へ約80%が進学。ほぼ全員が附属特別推薦制度を利用して進学します。
他大学への進学も多くが指定校制度を利用。大学受験にとらわれない真の大学附属教育を実践することができます。

「英数コース プログレス」って
どんなコースですか?

イラストイメージ

01 / 先生に聞いてみました

吉野 泰史先生(英語科)
吉野 泰史先生(英語科)

自ら考え、判断し、表現する能力の育成

英数コースプログレスでは、受験勉強にとらわれない大学附属校ならではの教育を実践しています。現在の社会で求められる「自ら考え、判断し、表現する能力」を身に付けるために、生徒一人ひとりが所持しているiPad®や、各教室備え付けのプロジェクターを駆使し、全教科で自分の考えを発信する機会を多く取り入れています。基礎学力の定着に加えて、プレゼンテーションやディスカッションなどを通して、総合的な学力を身に付けることができます。また、近畿大学との連携による体験学習などを通して、早い段階から自分の将来について意識し、夢や目標を設定することができます。

02 / 在校生に聞いてみました

  • 6年生 木全 一真さん
    6年生 木全 一真さん

    高い目標を持って近畿大学へ

    本校では、先生方がiPad®を使って工夫を凝らした授業を展開してくださり、楽しみながら深くまで理解することができます。私たちの質問に対しても、つまずいている箇所を探りながら、豊富な知識で解決まで導いてくださいます。先生方に支えてもらいながら、クラスメートと協力して勉強に励むことができる環境がここにはあります。勉強の大切さだけではなく、人との関わりの大切さを感じながら日々の学校生活を送っています。

  • 2年生 松井 優奈さん
    2年生 松井 優奈さん

    ICTを活用して積極的な学習習慣が定着

    勉強とクラブ活動を両立しながら楽しい学校生活を送っています。授業ではiPad®を使い、わからないことをすぐに調べたり、先生から配信された課題を家からiPad®で返信するといった、ICTを活用した学習方法にも取り組んでいます。近畿大学と連携した体験学習なども豊富で、将来の夢を考えるための貴重な機会がたくさんあります。日々の授業や体験学習に精一杯取り組み、たくさんのことを経験して、将来役立つ知識を多く身につけていきたいです。

03 / 新カリキュラム

プログレスの3年生を対象にして週1時間のカリキュラム「探究」を導入しました。実在の企業からのミッション(課題)をチームで解決し、最後にはプレゼンテーションによりチームの意見を発表します。正解のない答えを求めて、様々な課題解決型学習法を取り入れ、自ら考え・表現する「21世紀型思考力」を育成します。