OB・OG紹介

みらいを歩む先輩たちからのメッセージ

Voice01

山田 菜々子 さん大阪市立大学 (医学部医学科)

私が在学中に一番大切にしていたことは、基礎をしっかり固めることです。先生の話をしっかり聞き、授業・定期試験を最大限に活かすことで、基礎力が身につき本格的に受験勉強を始める際もスムーズに始めることができました。この積み重ねこそが国公立大学医学部合格に大きく近づいた学習方法だと思っています。近畿大学附属高等学校・中学校は生徒数が多く、いろいろな人と出会い、価値観を広げることができました。医師になるという同じ目標を持つ友人は良き相談相手であり、大きな刺激を受けました。熱心な先生が多く、私のことを気にかけて、常に励ましてくださった先生方にとても感謝しています。この学校での6年間の学びを基礎にして、医学の世界でも頑張っていきたいと思います。

voice02

井口 宏紀 さん大阪府立大学 (生命環境科学域応用生命科学類)

中高一貫の良いところは、高校受験にとらわれることなく、大学などの将来について早い段階からじっくりと考えられることだと思います。総合大学の附属校なので、中学生の時から大学の講義を体験したり、先輩の方の話を聞くなど、大学とはどういうところなのか、何を学んでいるのかを知る機会がたくさんあります。僕はやりたいことがなかなか見つからず、最終的な目標を決めるまでにかなりの時間を要しました。そんな僕に、この学校は将来を考えるきっかけを与えてくれました。先生方は、個々の志望校にあわせた問題を用意してくださったり、英作文の添削をしてくださったりと全力でサポートしてくださいました。多くの仲間や先生方に支えられて大学受験を乗り越えられたのだと感謝しています。

voice03

阿部 由梨 さん大阪大学 (外国語学部中国語専攻)

私はこの学校で様々な経験をしました。中学生の時に体調を崩して、数ヶ月学校に行くことができなかったこともありました。しかし、先生方や周りの友達からの、勉強面、生活面でのサポートのおかげで復帰して勉学に励むことができました。特に、私は英語がとても苦手で、勉強の仕方すらわかりませんでした。そんな私でも、先生が出してくださった課題や薦めてくださった教材を解けば解くほど分かる問題も増え、最終的には英語が私の得意教科になりました。高校では、学年が上がるにつれて受験を意識し始め、クラスメイトたちに効率の良い勉強法を教わったりもしました。悔やんだり悩むことも多かった学校生活。それでもその時々に色々な人に支えられ、今の私があると思っています。私にとって6年間過ごしたこの学校は、私を成長させてくれたかけがえのない存在です。

voice04

山本 聖太 さん神戸大学 (経営学部経営学科)

僕が本気で受験勉強に取り組み始めたのは、高3の夏休みとかなり遅めのスタートでした。僕が比較的短期間で学力を大きく伸ばすことができたのは、中学校3年間の下積みがあったからだと思います。中学校の時点から基礎をしっかりと学習し、先取り学習やレベルの高い授業を受けていたおかげで、大学受験レベルの難問にもしっかりと向き合うことができました。また、僕の6年間の学校生活には友達の存在が不可欠でした。同じ目標を持つ友達と会話をする事で常にモチベーションを高く維持する事ができました。6年間の学校生活の間には、大変な時期もあると思います。しかし、そんな中で一生涯の友達もできるのです。必ず頑張って良かったなと思える日が来ます。努力の先には春が待っています。

voice05

乾 里紗 さん近畿大学 (医学部医学科)

私は、医学部や病院での体験実習を通して、医師という職業により深く興味を持つようになりました。近畿大学医学部は病院の隣にキャンパスがあるため、普段から医師や実習に行っている先輩方に会うので、医師になりたいというモチベーションが高まり、勉強への意欲が湧いてきます。また、病院ボランティアで患者さんと接する機会もあって、コミュニケーション能力の大事さも改めて感じることができました。近畿大学附属から進学したので、先輩方がたくさんいることはとても心強いです。勉強や部活についての話をいろいろ聞けたり、相談がしやすかったり、先輩方がいて本当に良かったなと思います。これから6年間、人に愛され、信頼され、尊敬される医師になるために頑張ります。

Voice06

中島 光優 さん近畿大学
(総合社会学部総合社会学科社会・マスメディア系専攻)

私は、中学校ではバスケットボール部、高校からは山岳部に所属していました。6年間、クラブ活動を中心とした生活でしたが、尊敬できる先輩方と信頼できる多くの仲間に出会うことができました。学習面では、タブレット端末を活用して自分の考えを説明する機会が多くなりました。そのような経験の中から、自然と人々に情報を伝えるテレビや新聞などのマスメディアに興味を持つようになりました。将来は正確な情報を発信することで社会に貢献できるような仕事に就きたいと考えています。近畿大学附属高等学校・中学校では、すばらしい仲間との出会いや、自分の考えを自由に発表できる機会が数多くあります。ぜひみなさんも自分の夢を見つけて、伸び伸びとした学校生活を送ってください。