難関国公立大学への進学

入試制度の変更にも揺るがない確かな学力を養成

Super文理理系クラスでは難関国公立大学【難関国立10大学+市大+府大+国立(医・医)】の現役合格率が過去3年で最も高く、また特進文理コースⅠ(理系クラス)でも国公立大学現役合格率が75%になりました。Super文理コースだけでなく、特進文理コースⅠでも国公立大学への現役合格者が増加しています。

  • 現役合格概況
  • 東京大学2(1)名
  • 京都大学9(2)名
  • 大阪大学64(8)名
  • 神戸大学34(4)名
  • 九州大学4(2)名
  • 北海道大学3
  • 大阪府立大学50(8)名
  • 名古屋大学1
  • 国公立大学(医・医)12(9)名
  • 大阪市立大学60(6)名
  • 学校全体の実績、()は過年度全合格者、国公立医学部医学科について上記合格者数と重複する場合がある

難関大学合格を支える4本の柱

  • 進路指導の写真
    1確かな進路指導
    学力の推移を的確に把握。データに基づいたきめ細かな大学受験指導を行っています。
  • 受験対策講座の写真
    2効果的な受験対策講座
    本校教員が各大学の入試問題を研究し、出題傾向を把握。共通テスト対策講座、二次対策講座を開講することで、生徒個々の目標に応じた指導を展開。合格まで徹底的にバックアップします。
  • 学習資料の写真
    3充実した学習資料
    センター試験や各大学の入試過去問題、さらに外部模試の過去問題などが貸し出し可能で、受験対応力をつけるための学習も充実しています。
  • 自学自習環境の写真
    4整った自学自習環境
    平日は19:30までの利用が可能な自習スペースを完備。学習に集中できる環境を用意し、自ら学び自ら成長できる生徒を育てます。

入試改革に向けた新たな学力(思考力・表現力)の育成

恵まれたICT環境を積極的に利活用し、自ら考え判断し表現できる生徒を育成します。
それぞれの生徒の個性と学びに向かう姿勢を尊重し、多様化する大学入試にも対応します。

学力をつける地道な努力はとても大切です。それは目先の点数や偏差値を上げることだけにこだわるのではなく、そのプロセスが将来の学ぶ姿勢に関わってくるからです。文理コースでは、自分の興味関心を掘り下げ、課題探究に取り組むことに力を入れています。整ったICT環境を活かして自ら情報を収集し、調査・実験を行い、研究論文に取り組むのです。これを通じて確かな学力を育成すると同時に、学び、問う姿勢を身につけます。この取り組みの中で、自分自身の方向性を明確にし、さらには将来どのような生き方をするのかという大きな問いにも向かいます。

  • 課題探究プレゼン全国大会の写真
    課題探究プレゼン全国大会への参加
  • 校内ポスターセッションの写真
    能動的に課題探究に取り組むきっかけとなる
    校内ポスターセッション

先輩たちからのメッセージ

京都大学 工学部特進文理コースⅠ入学 / Super文理コース卒業

小林 陸人 さん途切れない勉強の習慣が大切
私は特進文理コースⅠに入学し、2年次にSuper文理コースにコース変更しました。文理コースは長期休暇に先生方が授業をしてくださる群別学習が行われ、朝早くから勉強する習慣を続けることができました。受験生の日々はとても辛いもので、とても一人では乗り越えられなかったと思います。でも、群別学習などで学校に来て勉強に熱心な友だちと会って話すことができて支え合えたことが本当に良かったです。
小林 陸人さんの写真

京都大学 法学部特進文理Ⅰコース入学 / Super文理コース卒業

森正 好美 さん環境に感謝
私は特進文理コースⅠで入学し、2年次からSuper文理コースにコース変更しました。日頃から小テストの勉強や授業の復習をコツコツとやり続けると、模試でも良い点数が取れるようになりました。また、近大附属は先生方に質問しやすい環境で、授業や課題で分からなかったことをすぐに解決することができました。放課後はほぼ毎日、図書室で自習しました。私にとって、図書室は一番集中できる場所でした。志望校については、何度か変えようかと悩みましたが、私自身諦めきれなかったこと、そして、先生方が「可能性はまだある」と励まして下さったことで、努力し続けることができました。最終的には志望校の京都大学に合格することができて良かったです。
森正 好美 さんの写真

神戸大学 工学部特進文理コースⅡ入学 / 特進文理コースⅠ卒業卒業

芥川 侑真 さんモチベーションを維持できる環境
近大附属に来て良かったと思うことは、1年ごとにコースの入れ替え制度があることです。Super文理コースの生徒たちは、特進文理コースの生徒たちに成績で抜かれまいと必死に勉強します。また、特進文理コースの生徒たちもSuper文理コースに上がることができる機会を得ることで、明確な目標ができてやる気がアップします。このシステムをうまく利用して、勉強に対するモチベーションを維持できたことが、第一志望合格に繋がったと思います。
芥川 侑真 さんの写真

大阪大学 外国語学部Super文理コース入学 / Super文理コース卒業

乾 杏香 さん高い目標を持って努力することが大切
私は入学当初から大阪大学をめざして一生懸命に勉強を続けてきました。途中であきらめることなく、最後まで努力し続けられたのは、同じように高い目標を持つクラスメイトや誠心誠意、指導してくださった先生方のおかげです。また、図書室や自習室など集中して勉強できる環境が完備されていたことも受験勉強の支えになりました。近大附属での経験は私にとって大きな財産となったので、入学して本当に良かったです。
乾 杏香 さんの写真

徳島大学 医学部 医学科Super文理コース入学 / Super文理コース卒業

荒木 大空 さん先生と仲間を頼りに
近大附属に来て良かったことは熱心な先生方と頼りになる仲間に出会えたことです。先生方の内容の濃い授業はもちろんのことですが、その他にも進路相談や面接練習など合格するために常に全力を尽くしてくれました。また日々の小テストや模試に嫌になることはありましたが、それを乗り越えられたのは辛いことを共にしてきた仲間の支えがあったからです。この先生方と仲間に支えられた3年間はかけがえのないものになりました。
荒木 大空 さんの写真

奈良県立医科大学 医学部看護学科特進文理コースⅡ卒業

林野 真由子 さん熱心な先生方と最先端のICT教育
私は1年生の頃から奈良県立医科大学を志望して勉強してきました。初めは授業のペースも早く、苦労することもありましたが、先生方がいつでも質問に答えてくださったり、クラスメイトと教え合ったりして3年間を乗り切ることができました。また、1人1台iPad®が配布されるので、学校にいないときでも分からない問題や疑問に思ったことなどをすぐに調べることができ、文理コースは勉強しやすい環境が整っていると感じました。文理コースですが勉強ばかりではなく、行事には一生懸命に取り組む仲間ばかりで、勉強面以外でも楽しく過ごすことができました。辛い受験勉強の日々を乗り越えられたのは、熱心に教えてくださる先生方や友人のおかげです。近大附属を選んで本当に良かったと思います。
林野 真由子 さんの写真

『進学校』と『大学附属校』の2つの側面

『進学校』と『大学附属校』の円グラフ