難関国公立大学への進学

入試制度の変更にも揺るがない確かな学力を養成

Super文理理系クラスでは難関国公立大学【難関国立10大学+市大+府大+国立(医・医)】の現役合格率が過去3年で最も高く、また特進文理コースⅠ(理系クラス)でも国公立大学現役合格率が75%になりました。Super文理コースだけでなく、特進文理コースⅠでも国公立大学への現役合格者が増加しています。

  • 現役合格概況
  • 東京大学2(1)名
  • 京都大学9(2)名
  • 大阪大学64(8)名
  • 神戸大学34(4)名
  • 九州大学4(2)名
  • 北海道大学3
  • 大阪府立大学50(8)名
  • 名古屋大学1
  • 国公立大学(医・医)12(9)名
  • 大阪市立大学60(6)名
  • 学校全体の実績、()は過年度全合格者、国公立医学部医学科について上記合格者数と重複する場合がある

難関大学合格を支える4本の柱

  • 進路指導の写真
    1確かな進路指導
    学力の推移を的確に把握。データに基づいたきめ細かな大学受験指導を行っています。
  • 受験対策講座の写真
    2効果的な受験対策講座
    本校教員が各大学の入試問題を研究し、出題傾向を把握。共通テスト対策講座、二次対策講座を開講することで、生徒個々の目標に応じた指導を展開。合格まで徹底的にバックアップします。
  • 学習資料の写真
    3充実した学習資料
    センター試験や各大学の入試過去問題、さらに外部模試の過去問題などが貸し出し可能で、受験対応力をつけるための学習資料も充実しています。
  • 自学自習環境の写真
    4整った自学自習環境
    平日は19:30までの利用が可能な自習スペースを完備。学習に集中できる環境を用意し、自ら学び自ら成長できる生徒を育てます。

入試改革に向けた新たな学力(思考力・表現力)の育成

恵まれたICT環境を積極的に利活用し、自ら考え判断し表現できる生徒を育成します。
それぞれの生徒の個性と学びに向かう姿勢を尊重し、多様化する大学入試にも対応します。

学力をつける地道な努力はとても大切です。それは目先の点数や偏差値を上げることだけにこだわるのではなく、そのプロセスが将来の学ぶ姿勢に関わってくるからです。文理コースでは、自分の興味関心を掘り下げ、課題探究に取り組むことに力を入れています。整ったICT環境を活かして自ら情報を収集し、調査・実験を行い、研究論文に取り組むのです。これを通じて確かな学力を育成すると同時に、学び、問う姿勢を身につけます。この取り組みの中で、自分自身の方向性を明確にし、さらには将来どのような生き方をするのかという大きな問いにも向かいます。

  • 課題探究プレゼン全国大会の写真
    課題探究プレゼン全国大会への参加
  • 校内ポスターセッションの写真
    能動的に課題探究に取り組むきっかけとなる
    校内ポスターセッション

先輩たちからのメッセージ

大阪大学 外国語学部Super文理コース卒業

中川 綾佳 さん素晴らしい先生方との出会いが
大学受験のアドバンテージになりました。
私が近畿大学附属高校に来てよかったと思ったことのひとつは素晴らしい先生方と出会えたことです。授業が分かりやすいだけでなく、放課後に質問に行った際も、私が納得できるまで教えてくださいました。また、先生方が毎日のように小テストを実施してくださったため、一年次から自分の苦手分野を克服することができ、これが大学受験で大きなアドバンテージとなりました。辛いことも多い3年間でしたが、近大附属に通うことができて本当に良かったです。
中川 綾佳さんの写真

大阪大学 基礎工学部Super文理コース卒業

森本 絵要瑠 さん休校期間中もオンライン授業で
受験勉強を進めることができました。
3年生になってからは、新型コロナウイルス感染拡大のために、休校措置が取られましたが、授業はオンラインで通常通り行われていたので、学習を止めることなく受験勉強を進めることができ、その結果、大学入試も無事に突破することができました。担任の先生には最後の最後まで進路のアドバイスをいただき、自分が納得した形で受験することができたので、とても感謝しています。3年間、勉強だけでなく、楽しい高校生活を送ることができたので、近大附属に来て良かったです。
森本 絵要瑠 さんの写真

東北大学 理学部Super文理コース卒業

荻田 河成 さん多くの先生方のサポートのおかげで
部活と勉強の両立ができました。
この学校には多くの生徒が在籍していて、多くの友人に出会うことができ、とても雰囲気が良く、過ごしやすいです。先生方は生徒のことをよく理解してくださり、勉強も熱心に教えてくださるので、さまざまなことに挑戦することができます。実際、私は多くの先生方にサポートしていただいたことによって、部活動と勉強を両立することができ、国公立大学に入学することができました。近大附属は意欲のある人にとって、自分の夢をかなえる環境が整っているので、近大附属を選んで本当に良かったと思います。
荻田 河成 さんの写真

名古屋工業大学 工学部特進文理コースⅠ卒業

佐藤 優樹 さん一人ひとりがiPad®を持っているおかげで
休校期間中も学習ができました。
近大附属へ来て良かったことは、勉強する環境が整っていることです。コロナ禍での遠隔授業、静かな自習室、すばらしい先生方による二次試験対策講座があり、勉強が捗り、継続的に勉強することができました。第一志望に合格できたのは熱心に教えてくださった先生方のおかげです。また、一人ひとりが iPad® を持ち、遠隔授業でも学びを止めなかったのは、近大附属の強みだと思います。近大附属で学んだ3年間は私にとってかけがえないものとなりました。
佐藤 優樹 さんの写真

大阪市立大学 生活科学部Super文理コース卒業

笹井 翔稀 さん日々の小テストや先生の指導で
基礎を固められたのが合格に繋がりました。
入学当初は基礎もあやふやな状態でしたが、1年生から日々小テストがあり、特に、英単語や英文法、古文と漢文の単語や文法、数学の各単元の基本問題などで、基礎を定着させることができました。基礎を固めて、大学入試に向けて3年間しっかりと指導していただけますので、個々の課題などをこなしていくことで、着実に学力を身につけることができます。志の高い友人や熱心な先生方に囲まれて勉強したことは大きな財産です。
荒木 大空 さんの写真

大阪府立大学 地域保健学域Super文理コース卒業

吉田 遥香 さん切磋琢磨し合える多くの友人と出会えたことが
人生の財産となりました。
近大附属の文理コースは国公立大学をめざすコースなので、1年生の頃から大学受験を見据えた勉強をすることができ、受験に向けて早いスタートを切ることができます。また、質の高い授業をしてくださる先生方がたくさんおられて、切磋琢磨し合える多くの友人とも出会うことができ、共に勉強し、学生生活を送ることができるため、勉強をするのにはうってつけの環境だと思います。近大附属は他校に負けない魅力がたくさんある学校だと改めて感じています。
林野 真由子 さんの写真

『進学校』と『大学附属校』の2つの側面

『進学校』と『大学附属校』の円グラフ