コース紹介

コース紹介コンテンツ

高大一貫連携教育進学コース

近畿大学との高大連携
7ヵ年教育を推進

高大7ヵ年連携教育ともいえるのがこのコースで、
2年次から文系・理系のクラス編成を行い、
多くの生徒が第一志望を近畿大学としています。
大学の施設を使っての連携メニューが充実。
近畿大学に進学後は、
各学部のリーダーとなる人材を育成します。

近畿大学特別推薦入学試験制度での進学に必要な学力を育成

大学進学がゴールではなく、大学卒業後にも焦点を当てて、社会で役立ち貢献できる人材育成を目的とした人間教育を展開します。そのため、文系・理系を問わず3年間全ての学年で5教科を履修するカリキュラムを導入しています。毎回の授業への取組みの姿勢についても評価・指導を行い、また、定期試験後にも課題学習・再テストを行い基礎学力の定着を図ります。日々の授業に加え、近畿大学特別推薦入学試験制度での進学に必要な資格取得や検定試験に向けた勉強もサポートします。

グローバル社会で必要とされる「コミュニケーション能力」の育成

知識偏重教育から離れて、「21世紀型学力」を身に付けるため、自主性・積極性を養い、自分の意見や考えを明確に伝えることができる能力を育てます。そのため、授業をはじめ様々な場面で個々の考えを発表する機会を設け、ipad®を活用したプレゼンテーション活動を取り入れています。また、3年間を通じた「卒業論文」の作成を通じて、じっくりと考える力も育みます。さらには、近畿大学の東大阪キャンパスにある「英語村E3[e-cube]」の訪問やe-learning教材を用いて、英語でのコミュニケーション能力も育成していきます。

近畿大学から自らのあり方を学ぶ高大連携教育

近畿大学の学園創設者である世耕弘一の「学びたい者に学ばせたい」という強い信念のもと、「学ぶことの大切さ」に気付くことをめざす「自校教育」を展開します。1年生の4月に実施される宿泊オリエンテーションでは、"世のため・人のため"に生きた世耕弘一の人生に学び、生徒一人ひとりが、勉強することの意味を理解し、社会に貢献する自分をイメージします。また、早期から大学との相互交流を行い、最先端の研究に触れる機会を設けています。

TOPICS卒業論文プロジェクト全卒業生が1万字の卒業論文を完成

平成26年度入学生より導入した「卒業論文プロジェクト」。約1万字の論文を書き上げる中で、自己分析を通じて自尊感情を育み、自分ができる社会貢献が何かをはっきり自覚させて、進路実現へとつなげることができます。

○卒業論文タイトルの一例
「魚で社会貢献を」「生活における芸術の役割」「自分の人生をデザインする」 「学校生活から繋がる夢」「自然災害について土木工事のあり方」

主な大学進学者数令和2年度
進学コース卒業生(計393名)

大学種別 学部 進学
者数
学部 進学
者数
近畿大学
文系学部19理系学部理工44
経済53建築18
経営894
文芸2525
総合社会30生物理工0
国際181
短期大0産業理工1
  看護専門3
合計330
大学種別 大学名 進学者数 大学名 進学者数
国公立大学富山大学1愛媛大学1
奈良教育大学1  
私立大学中央大学1同志社大学2
同志社女子大学1立命館大学3
関西学院大学2関西大学5
武庫川女子大学(薬)1  

※上記進学実績においては全ての私立大学名は掲載しておりません。

VOICE

在校生の声

進学コース3年
北座 こまち さん

北座 こまちさん

生徒同士の交流の機会が多く、刺激になります

私は近大附属の部活動の魅力に憧れて入学しました。しかし、部活動だけでなく、学校生活においてもとても充実していると実感しています。授業内では生徒同士の交流する機会が多く、普段あまり話さない人や自分と違う考え方を持った人と話すことで色々な発見があります。
また成績はテストの点数だけでなく、個人のレポートやグループでのプレゼンテーション、課題点などを高く評価してくださるので勉強に苦手意識を持たずに取り組むことができています。

卒業生の声

近畿大学 理工学部 情報学科
進学コース 卒
高橋 拓万 さん

高橋 拓万さん

クラブと勉強の両立をめざして進学コースを選びました

私はバスケットボールと勉強の両立をめざすために進学コースに入学しました。入学時は不安もありましたが、協力的な先生方のおかげで、クラブ活動と勉学を両立することができました。iPad®を利用した授業やプレゼン活動、卒業論文の作成などで、将来のことを真剣に考え、将来的に必要な能力を養うことができました。文武両道をめざしている友だちが多く、お互いに刺激し合える良い関係を築くことができて、とても充実した3年間でした。

卒業生の声

近畿大学 国際学部
グローバル専攻
進学コース 卒
田中 海哉 さん

田中 海哉さん

充実した教育環境と生徒サポートが近大附属の魅力です

私は近大附属の教育環境と生徒へのサポートに心を打たれて、入学しました。入学してから3年間は驚きの連続で、最新鋭のICT教育や校外での充実した学習プログラム、自分自身を見つめ直したリーダー育成プログラムなど生徒自身の意思を尊重し、能力を育成してくださる学校の姿勢がそこにはありました。これらを活かして、高校から大学へバトンをしっかりつなげていこうと思います。