コース紹介

コース紹介コンテンツ

京都大・大阪大へSuper文理コース 難関国公立大学へ特進文理コースⅠ 国公立大学へ特進文理コースⅡ

大学進学とその先を見据えた
学力の伸長をはかる

バランスのよい科目履修とハイレベルな学力養成で、京都大・大阪大などの最難関国公立大をはじめ、
神戸大・大阪公立大などの国公立大学現役合格をめざします。

大きな志と高い学力を有する人物を育てます

1年次より、国語・数学・英語の主要3教科は時間数を増やして基礎学力を徹底的に身につけます。学力の定着と到達度を確認するため、朝のホームルームを利用しての小テストや放課後に再テストを行います。また、全国レベルの模擬試験で実力を確認しながら学力の伸長をめざします。カリキュラム内の授業のみならず、夏期・冬期・春期にはコース別学習会を実施。2年次から小論文対策講座、共通テスト対策・受験対策を講じ、大学入試に対応する力を養成します。

質の高い学習環境を提供します

学習する環境は学校が与えるだけのものではなく、在籍する生徒自身が創り出すものでもあります。文理コースでは、志を同じくするハイレベルな仲間と、切磋琢磨し成長する、そんな緊張感のある環境を創り出していきます。 ※令和3年度Super文理1年生在籍者(専願者を除く)98%が大阪公立TOP10校または奈良公立TOP3校を併願しています。また、文理3コース在籍者(専願者を除く)の場合でも、96%になります。

本当に大切なことを見抜き、社会の変化に柔軟に対応できる人物を育てます

生徒一人ひとりに対するきめ細かい面談を実施するとともに、学年ごとに進学講演会を実施し、卒業後の進路目標を設定します。また、感動する心を育てる講演会や、海外語学研修(希望制)でのホームステイ体験など、さまざまなプログラムを準備。自分の生まれてきた意義を考え、常に本質に目を向けるような機会を提供します。さらに、総合的な探求の時間を利用してプレゼンテーションの方法を学ぶなど、社会に出たときに自分の未来を切り拓いていく本当の力を身につけることを目指します。

主な合格実績令和2年度
文理コース 卒業(計175人)

大学種別 大学名 合格者数 大学名 合格者数
国公立大学 大阪大学12(6)和歌山大学3
神戸大学2(2)京都工芸繊維大学1(1)
大阪市立大学6(1)奈良女子大学1
大阪府立大学3熊本大学(医学部・医学科)1(1)
東北大学2三重大学4
徳島大学2(1)兵庫県立大学4(1)
大阪教育大学4奈良県立大学7
名古屋工業大学1その他の国公立大学31(3)
九州工業大学1国公立大学計85(16)
大学種別 大学名 合格者数
私立大学近畿大学(薬学部)3
青山学院大学1(1)
慶応大学1
明治大学1(1)
東京理科大学2
同志社大学34(14)
関西学院大学19(1)
立命館大学45(17)
関西大学46(21)

※上記合格実績においては全ての私立大学名は掲載しておりません。( )内は過年度卒内数

文理コース主要難関国公立大学合格状況(延べ数・現浪の区別なし)

大学名 2018(4期生) 2019(5期生) 2020(6期生) 2021(7期生)
京都42
大阪13596
神戸585
北海道1
東北2
名古屋1
九州1
筑波1
お茶の水1
奈良女子1141
広島11
京都工芸繊維313
京都府立3
大阪市立81065
大阪府立51133
大阪市立(医・医)1
徳島(医・医)1
熊本(医・医)1

※2021年(7期生は現役のみ)

VOICE

卒業生の声

大阪大学 外国語学部
Super文理コース 卒
外園 崇文 さん

外園 崇文さん

リモート学習でも変わらない授業、添削に感謝

私は特進文理コースⅡで入学しましたが、2年次に特進文理コースⅠに、3年次にSuper文理コースにコース変更しました。1年生のときから目標を決めて勉強に一生懸命取り組みましたが、成績が伸びず、苦しい時でも諦めずにコツコツと勉強を続けました。3年次にはコロナ禍で学校に通えない中でも、先生方にiPad®でいつもと変わらない授業や添削をしていただいたことにはとても感謝しています。私が大阪大学に合格することができたのは、勉強を継続して取り組んだことと先生方にサポートしていただいたおかげです。

在校生の声

Super文理コース 2年
岡田 鼓太郎 さん

赤澤 聡さん

仲間との競争がモチベーションに繋がりました

私は特進文理コースⅡに入学しましたが、難関国公立大学への合格をめざして、Super文理コースへ上がれるように、仲間たちと楽しみながら、ときには競い合いながら勉強して、モチベーションを維持していました。その結果、2年となった今はSuper文理コースに所属して、日々がんばっています。勉強以外では、生徒たちがそれぞれにテーマを決めて行う課題研究の発表で自分の知識や興味を深めたり、球技大会などで仲間たちとの友情を深めることができる行事があるので、楽しい学校生活を送っています。