News

News

生物理工学部体験実習(2年アドバンスト)

 8月30日(水)に2年生英数コースアドバンストの生徒対象に生物理工学部実験実習を実施しました。

・模擬講義

 福田誠先生に「ヒトは小型で精密な化学プラント~人工腎臓の仕組みを考える~」というテーマで講演していただきました。腎臓のはたらきやクジラの腎臓が3000個もあるというお話に生徒は驚いていました。また、人工透析や再生医療について分かりやすく教えていただきました。

・体験実習

体験実習は、次の6つの実験に分かれて実施しました。

①:日本のイネ、世界のイネ、未来のイネ

②:実体顕微鏡でクマムシを探そう!

③:あなたのストレスを酵素で測ります!

④:リズムがそろう?~同期現象の紹介~

⑤:精密人体モデルを用いた生活空間のデザイン

⑥:人工腎臓の組み立て・穿刺(せんし)を体験しよう

どの実験も中学生には少し難しい実験でしたが、大学の先生や大学生が優しく分かりやすく教えてくれたので、内容を理解でき、楽しく実験をすることができました。

今回の実験実習では、近畿大学が行っている実学教育を肌で感じることができました。また、4年後に進路を決定する生徒達にとってとても良い経験になり、学習へのモチベーションを上げることにもつながりました。

写真
写真
写真
写真