News

News

薬学部体験学習(1年 医薬コース)

11月12日(月)、中学1年生・医薬コースの生徒を対象に、近畿大学薬学部での体験実習を実施しました。

その中で、薬学部 医療薬学科 学科長 教授 高田光隆先生より、薬学部ではどのような勉強をするのか、また、薬剤師はどのような仕事をするのかなどを教わりました。そして、医師、看護師などの医療に関わる人達と共にチームで患者さんのために働くことの大切さも学ぶこともできました。

次に薬学部の研究室や実験室を見学させて頂き、軟膏の調剤を体験させて頂きました。その中で、薬学部 医療薬学科 准教授 北小路学先生より、医療に携わる仕事は、知識が豊富なだけでは通用しないので、相手を敬い思いやる態度を中学生のうちから身につける必要があることをお話し頂きました。

将来、医療従事者となることを目指している医薬コースの子どもたちにとって、この日の体験は非常に有意義なものとなりました。 

写真
薬学部ではどのような勉強をするのか、また、薬剤師はどのような仕事をするのかなどを教わりました。改めて、頑張らなきゃと感じました。
写真
学部内の施設見学の様子です。ヘェーと驚くことがたくさんありました。
写真
医療の仕事を目指す者の心構えについてお話しいただきました。知識だけでは通用しないという言葉に気持ちが引き締まる思いでした。
写真
調剤の体験です。正確に重さを量るだけでも難しいものでした。集中力って大切だなと実感しました。