学校紹介

学校紹介コンテンツ

学校長挨拶

人に愛される人 信頼される人 尊敬される人になろう

学校長 中川 京一
学校長 中川 京一

知・徳・体の調和のとれた全人教育をすすめ
社会で信頼され活躍できる人材の育成をめざします。

近畿大学学園は、「実学教育」と「人格の陶冶」を建学の精神とする学園です。附属高等学校・中学校は昭和14年以来の歴史を持つ学校であり、社会の変化に応じ、生徒たちに最も必要な教育を求めて変革を続けてきました。本校は学園の教育理念である「人に愛される人、信頼される人、尊敬される人になろう」を校訓に掲げ、知・徳・体の調和のとれた全人教育を目指しています。

これからの社会を生き抜くためには、「基礎力・思考力・実践力」が不可欠であり、その土台作りは「主体性・自己肯定感」の醸成です。ICT教育環境を活用しながら、知識・情報(コンテンツ)とそれらを駆使して何ができるかという能力(コンピテンシー)のバランスをはかりながら、自らの持つ能力・可能性の掘り出し方を身につけた「自立した学習者」の育成を目指しています。

教育とは一人ひとりがより良く生きるためのもの、一人ひとりが理性的、知性的に生きるためのものです。知識を活用する力は必要ですが、知識がなければ活用できません。そのバランスをとるのが、自分はどうなりたいのかという「主体性」であり、その実現に向けて粘り強く取り組むための「自己肯定感」です。

一人ひとりがより良くなることが、世の中が良くなることに繋がり、「自立した学習者」の育成が、既成概念を突破し、新たな価値で未来社会を創る「社会に役立つ人材」の育成へ繋がる取り組みであると考えています。

本校では「考える」というキーワードを発信し、一人ひとりを力強くサポートしています。全教職員が「考える」集団として、生徒たちに考える機会や選択する場面を多く提供しながら、教科学習、部活動、学校行事等、学校生活すべてをトレーニングの場として教育活動を工夫しています。

チーム近大附属として、一緒に学ぶことを目指す皆さんをお待ちしています。